時獄巡り

久しぶりにお寺に行ってきた。

このあいだダウンタウンの浜ちゃんも

ロケで来ていた地獄体験ができることで有名なお寺

 

f:id:izabera3:20170309021008j:image

 

地獄堂の入り口には

地獄行きか極楽行きかを判断してくれる

パネルがあり

f:id:izabera3:20170309020813j:image

選択していくと

 

f:id:izabera3:20170309020950j:image

閻魔大王のお裁きが下されるという

恐ろしいシステム

 

地獄堂の中に入ると

手作り感のある顔出しパネルが何枚かあって

持ち出して写真が撮れるようになっている。

 

細い道を抜けると右手に恐ろしい

閻魔大王や餓鬼の像があり

その横のテレビで地獄がいかに恐ろしいところか

丁寧に解説してくれる。

なぜか締めのくくりが、地獄に行きたくなければ

命を大切にしよう、みたいな感じだった。

 

地獄堂の横にあるのが

地獄の釜の音が聴ける岩

 

f:id:izabera3:20170309021631j:image

 

聴こえるような聴こえないような、、

それよりも尻を突き出して

岩に首を突っ込んでる姿が

めちゃめちゃ間抜けなので

デートには不向きかもしれない。

 

地獄堂がメインなんだけど

一番インパクトのあったのが

 

f:id:izabera3:20170309022354j:image

 

ほとけのくに と書かれた地下道

真っ暗だし怖い

降りてみると

 

f:id:izabera3:20170309022451j:image 

 

無数の石仏に囲まれた空間があり

中央には曼荼羅?柄のステンドグラスがある。

周囲からは水の滴る音が静かに聴こえる。

ここに座って瞑想するための場所らしい。

中央に座って目を閉じてみると

不思議と空間と体の境界が曖昧になっていく

感覚があった。

 

f:id:izabera3:20170309022812j:image

 

肝心の薬師如来様は秘仏だそうで

見ることができなかった。

 

裏手には苔むしたお不動さんがいらっしゃったので

手を合わせた

 

東山寺巡り

今日は泉桶寺に行った。

賑やかな烏丸七条から東山方面にバスで少し行くと
静かな商店街に着いた。

そこから坂道を少し上がると小さな門に着く
小さな門を抜けると、京都駅からさほど離れてないのに木がフサフサ生い茂る山道に入る。

入口にある地図を見ると
この山の中にはたくさんの寺があるらしいことがわかる。

まず入り口近くにある
即成院へ・・・。

お堂に入ると遠くに
阿弥陀如来と来迎二十五菩薩 が見える。
座ってみても全部は見えないのでウロウロ左右を移動しながら見る。
これは近くで見ると壮観だろうな〜
事前に見た雑誌には「まるでオーケストラ」みたいなコピーがあった。
お堂には、お寺には珍しく小さく音楽も流れている。
傍に仏像のようなお面をかぶったマネキンみたいなのがあった
(お寺の行事でこれを使うらしい)

外には掲載された雑誌の記事が並んでいた。
とその横にグーグルマップがどうのこうのみたいな立て看板があったので
帰って調べてみたら、
ストリートビューでお堂の中が見れた。

https://www.google.co.jp/maps/place/%E5%8D%B3%E6%88%90%E9%99%A2/@34.981518,135.777452,3a,90y,296.02h,124.29t/data=!3m5!1e1!3m3!1s7jEF6B6EdosB6zNcVNC2sA!2e0!3e2!4m2!3m1!1s0x60010f30e40561c5:0x3becf8dc8f0f237b!6m1!1e1

360度回転できるので如来気分を味わうことができる。

次に少し登ったところにある戒光寺へ。これも小さな寺。
お堂に入ると胴体は見えるが顔が見えない。
座ってみてみると、中にはかなり大きなサイズの仏像が。
それが小さなお堂の中にいるのですごい迫力。
かなり味のある顔をしている。
クビの部分をよく見ると、痣のような?ものがあるが
その昔暗殺されそうになった天皇を救ったという逸話があるらしい。
さらにこの仏像を作ったのは仏師の中でも有名な運慶とその息子が作ったというから
胸が熱くなるスポットである。

さらに山道を上って泉桶寺に。

ここは皇族のお墓などがあるそうで昔は一般人は入れなかったそうな。
中は広々としていて神聖な雰囲気が漂う。
仏殿の中に入ると、天井が高く、広々としたお堂の中に小さな如来さんが3体並んでいる。
三世仏といって、現在・過去・未来を表しているらしい。
ここも距離が遠くて小さく見えたが、本当は結構大きいのかもしれない。


お坊さん用の浴室(だったらしい)

庭にはカエルがたくさんいた。

永観堂


f:id:izabera3:20150510215300j:image

f:id:izabera3:20150510215349j:image

f:id:izabera3:20150510215412j:image

f:id:izabera3:20150510215420j:image

f:id:izabera3:20150510215440j:image

有名なみかえり阿弥陀を見た。
想像以上に小さかった(60センチぐらい?)
正面から見ると顔が見えないが
右手に回るとちゃんと
お顔が見える。
その表情はサラリーマンが選ぶ理想の上司に選ばれてもいいぐらいの
心地よさ。

売店に寄ったら、もう閉まってたので
諦めて行こうとしたら
売店の人が「???の松ありますよ!」
と声をかけてきたので
何のことだろうかと思ったが
勧められるままにお店に入ると
3本に枝分かれした松の葉を貰った。
(三鈷の松 という珍しい松らしい)

三本の葉はそれぞれ
智慧、慈悲、まごころ
を表していて
持っていると3つの福があるそうです。

余談ですが今日のNHKマイルカップ
かすりもしませんでした。